chromeのバージョンとドライバーが合わないと、パソコン内で使用しているさまざまなツールなどのシステムに不具合が生じてくる。

このページでは、ツールなどのトラブルを解消するための「chromeのバージョンとドライバーを合わせる方法」をご紹介する。


箇条書きで、端的にご紹介↓

(裏技)
1、不具合のある「システム」を終了する。

2、「タスクマネジャー(Ctrl+Alt+Delete)」を起動する。

3、タスクマネジャー上部見出し内の「詳細」をクリック。

4、「chromedriver.exe」を見つけてクリック選択し、「タスク終了」をクリックして×をクリックし終了する。

5、パソコンを「再起動」する。

6、不具合のあった「システム」を起動する。

終了。


(一般的方法)
1、chromeの「バージョン」を確かめる。

2、使っているchromeのバージョンと同じ又は近くのドライバーをここで→「https://chromedriver.chromium.org/downloads」探す。

3、「同じ又は近くのドライバー」をクリック。

4、windowsの場合は「chromedriver_win32.zip」。Macの場合は「chromedriver_mac64.zip」をクリック。

5、ダウンロードしたZIPファイルをダブルクリックすると「chromedriver」が確認できる。


chromedriverはそのまま置き、つぎは「chrome」がある場所を確かめる。


6、Windows10でのchromeの場所は「C:\Program Files\Google\Chrome\Application\chromeがある場所」。

7、Macの場合は「HD/User/ユーザー名/Library/Application Support/Google/Chrome/Default/chromeがある場所

8、chromedriverを「chromeがある場所」つまり「chromeがあるフォルダ内」に右クリックペースト。

9、元からあった同じマークの「ドライバー」を削除する。

10、パソコンを「再起動」する。

※ドライバーのバージョン確認方法:ドライバーを「右クリック」。ZIPの中に入っている場合はZIPから取り出して右クリックする。最下部の「プロパティ」をクリックし、「詳細」をクリックで確認。

一般的な方法は、ドライバーのバージョンが適合しない場合があるため、上手くいかない場合が多い。


終了。