linker(リンカー)で取得できなかった楽天やAmazonやyahooショップのリンクタグを手動で張り付ける方法を解説!

linker(リンカー)では取得できない商品データもあります。そんなときに必要となるのが、手動でリンクタグを張り付ける方法。

linker(リンカー)で取得できなかった楽天やAmazonやyahooショップのリンクタグを手動で張り付ける方法

このページでは、「linker(リンカー)で取得できなかった楽天やAmazonやyahooショップのリンクタグを手動で張り付ける方法」を解説しています。

まず最初に各ASP商品タグを張り付けるその前に、linkerで取得できなかった商品をlinker取得する方法を解説。

下記に、分かりやすいように箇条書きで端的に紹介。↓

1、商品のカテゴリで検索しどの商品でも良いので「商品リンク追加」をクリックし、商品のlinkerを取得する。
(※今まで取得している商品のショートコードは選択しないように、あくまでも新しい商品を選択する。)
2、Wordpress管理ページ内の左メニュー内の「商品リンク」をクリック。
3、商品ページ下部の画像(中)の右端「画像を選択」をクリックして、使用する画像を入れ替える。
(※使用する画像は、紹介する商品ページ内の画像をキャプチャーして使う。)
(※画像のサイズは、縦横を128pxに合わせて使用する。)
(※他の画像部分はそのままにしておく。)


使用するlinkerを取得できない場合は、中身をそっくり全部入れ替えて使えるようにすると思えばいいということになります。

つぎは、楽天の商品ページリンクタグを取得してlinker内部に張り付ける作業です。

下記に、分かりやすいように箇条書きで端的に紹介。↓

楽天リンクタグを張り付ける方法

1、商品単体ページ又は商品カテゴリページの「URLをコピー」する。
2、楽天アフィリエイトページの右上部の作成欄にコピーしたURLを記入して「作成」をクリック。
3、中央右の「テキストのみ」をクリック。
4、左のリンクURLのリンクをクリックして確かめた後「コピー」する。
5、linker商品ページ内の上から13列目の楽天ボタン用URLと先ほどコピーした「URLとを差し替え」、「確認」をクリックして商品ページが開くのかを確かめる。
6、上から5列目の「商品コード」と、6列目の「楽天市場商品詳細URL」を消す。


以上で楽天の商品リンク入力は終了です。

次は、Amazonリンクタグを取得して貼り付ける方法です。


Amazonリンクタグを張り付ける方法

1、商品ページの左端上のアソシエイトツールバーの横のリンク作成下の「テキスト」をクリック。
2、プルダウン内一番下の通常URLの横の「ラジオボタン」にチェックを入れる。
3、現れた「長いURLタグ」をコピー。
4、linker商品ページ内の上から12列目のAmazonボタン用URL横のURLと先ほどコピーした「URLと差し替え」、右横の「確認」をクリックして商品ページが開くのかを確かめる。


以上でAmazonの商品リンク入力は終了です。

次は、yahooショップリンクタグを取得して貼り付ける方法です。

yahooショップリンクタグを張り付ける方法

yahooショップのアフィリエイトは2015年3月31日に終了しましたが、yahooアフィリエイトを引き継いだのがバリューコマースです。

つまり、yahooショップリンクタグを取得するにはバリューコマースでの取得方法となるので、さっそくバリューコマースにログインします。

1、バリューコマースのトップ画面で「メールアドレス・パスワード」を記入後、次回から自動でログインにチェックを入れ「ログイン」をクリック。
(※最近ログイン時にバグることが多いので、その時は一番左側下にある「バリューコマース」のロゴをクリックするとダッシュボード(管理画面)に入ることができます。)
2、ダッシュボードの上部見出し内の「広告」をクリックし、プルダウンメニューの「提携状況」にポインターを合わせ、再度出たプルダウンメニュー内の「提携済み」をクリック。
3、下部にスクロールしYahoo!ショッピング(ヤフーショッピング) 提携済み横の「広告素材を選ぶ」をクリック。
4、左横の広告タイプ下の「MyLink」横のラジオボタンにチェックを入れ、下にあるバナータイプ横の「再検索」をクリック。
5、下部にスクロールしたすぐのところに「URL・広告テキスト・画像URL」記入欄があるので、そこの左端のURL欄にyahooショップで商品検索した「ページのURL」を記入。
6、横の広告テキスト欄に「」を記入する。
(※「」を記入する理由は、URL欄と広告テキスト欄に記入しないとリンクタグがつくられない理由があるから。つまり、「」は何でもよくて「」でも数字の「1」でも「2」でもいい。)
7、右下の「MyLinkを取得」をクリック。
8、「MyLinkコード」の別窓が開くので、左上の「MyLinkコードをダウンロードする(CSV)」をクリック。
9、ダウンロードしたファイルをExcelや無料のオフィス関連ツールで開き、「」の横の「https://」の部分をクリックする。
10、上部の文字記入欄内の「URL」をコピーする。
(※このURLが商品リンクタグになる。)

11、linker商品ページ内の上から「14列目」のyahooボタン用商品URL横のURLと先ほどコピーした「URLと差し替え」、右横の確認をクリックして商品ページが開くのかを確かめる。
(※商品ページが開かない合っていない場合は、先ほどの手順がどこか間違っている可能性があるのでやり直してみる。)

以上で、linker内の商品タグの入れ替え終了。