このページでは、自分が所有している「別サイト・別ページ・同じページの途中にリンクをかけて飛ばす方法」を紹介。

注意:下記文章をすべて読んで理解するのが重要。

飛ばすリンクタグ

別サイトや別ページ、同じページの途中にリンクをかけて飛ばす方法は、全部下記のタグでOK。↓

(リンク元)
<a href=”飛び先のURL#ABC“>リンクのことば</a>

(リンク先)
<div id=”ABC“></div>

上記タグを詳しく説明

飛び先ページURL:リンクをかけて飛ぶ先のページ同じページのURL。
ABC:自分で決めるアルファベット。
リンクのことば:クリックするリンク文字。

飛び先ページURL:同じページとは、同じページ内に飛ばす場合きほんURLは必要ないが、飛ばない場合もあり念のためにURLを記述する。
ABC:自分で決める文字。↓
 ・使用できる文字:半角の英数字と半角ハイフン(-)。
 ・注意1:半角英字(アルファベット)から始める。
 ・注意2:リンク元とリンク先のどのページにも使用されていない半角英字(アルファベット)を使用。
 ・注意3:リンク先のタグを記述する場合、見出しの前に記述する。
 ・(例)
<div id=”ABC“></div>
<h3>飛び先の見出し</h3>
ここでの見出しタグのh3は仮で、飛ばす先の見出しは「h2・h4・h5・h6」どれでもOK。見出しの前に上記のタグをそのまますべて記述。

リンクがかからない場合

1、リンクがかからない場合は更新をクリックする。
2、近くにリンクがある場合そのリンクをクリックする。

新しいウィンドウで開く場合のタグ

target=”_blank”」を追加。

<a href=”飛び先ページURL#ABCtarget=”_blank”>リンクのことば</a>